台湾に行ったらしたいこと

台湾の古きよき街並みの迪化街【てきかがい、ディーホアジエ】の行き方、見どころ【台湾に行ったらしたいこと】

更新日:

ご訪問ありがとうございます。
応援お願いします。

家族・子連れ旅行ランキング

台湾の古きよき街並みの迪化街【てきかがい、ディーホアジエ】の行き方、見どころ【台湾に行ったらしたいこと】

迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)は台北で最も古い問屋街です。台北市街地の北部にあり、かつて大稻埕と呼ばれ、19世紀から20世紀にかけて繁栄した地域で、今でも古い町並みが残っています。日本統治時代はもちろん、清代末期の建物もいまだ商店として使われているのです。

レトロな雰囲気漂う通りを歩きながら、乾物屋、お茶、漢方、カラスミ、手芸用品などの商店でショッピングを楽しめる、人気の観光スポットです。

迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)の行き方

・MRT淡水線「雙連」駅出口2から西へ徒歩10分。

・台鉄「台北」駅から274路バス、「台北」駅南西側の博愛路から9、206路バスで「南京西路口」で下車。

 

迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)の見どころ

永楽市場(ヨンラースーチャン)

永楽市場(ヨンラースーチャン)は「布の市場」。店舗の数は100にも及ぶ。エリアごとに扱う商品が集まっており、目的別・用途別に探しやすい。

住所 迪化街一段21号

民藝埕(ミンイーツェン

民藝埕(ミンイーツェン)は歴史的建造物に指定されているリノベスポット。日本の町屋造りのように、間口が狭く奥行きが深い構造になっている。

1~2階に雑貨店やティーサロンが入っている。

住所 迪化街一段67号

小藝埕(シャオイーツェン)

小藝埕(シャオイーツェン)はかつては薬局だったバロック様式の建物。

1階は雑貨店、2階はカフェ、3階はギャラリースペースとして使われている。

住所 迪化街一段32巷1号

 

聯藝埕(リエンイーツェン)

聯藝埕(リエンイーツェン)は歴史と文化を融合させた新スポット。

レストランやカフェ、雑貨店、書店、宿泊施設など、個性的なショップが入居している。

住所 迪化街一段195~199号

まとめ

今回は、台湾の古きよき街並みの迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)行き方、見どころについてお伝えしましたがいかがでしたか?

MRT淡水線「雙連」駅出口2から西へ徒歩10分歩くと、迪化街(てきかがい、ディーホアジエ)のちょうど中心に着きます。

迪化街一段の通りを右折し、街の北側へ向かうと、乾物屋や漢方の店が集まる通りです。聯藝埕(リエンイーツェン)はその先の方にあります。

通りを折り返して、街の南側に向かうと、民藝埕(ミンイーツェン)、小藝埕(シャオイーツェン)、永楽市場(ヨンラースーチャン)があります。その先に布を売る店が集まっています。

 

レトロな雰囲気漂う通りを歩きながら、素敵なお土産品も見つけられたら、きっと楽しいですね。

 

 

 

The following two tabs change content below.

みにー

憧れの人はディズニーランドのミニーちゃん。 夢の世界に住んでいて、みんなにハッピーな夢と笑顔を与えることができる、そんな人になりたいな、と思っています。 2009年の1月ぶりに2018年8月に台湾旅行に行けることになり、ワクワクな気持ちで準備・計画中しているのをブログにしてみました。

-台湾に行ったらしたいこと

Copyright© 台湾大好きで台湾旅行を楽しむためのサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.